*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
再び収穫
IMGP5043.jpg

毎日、どこかで何かを収穫しています。
天気に恵まれている間に、あれもこれも・・・と大忙し。

写真の松ぼっくりは、初めて行った公園でゲットしたもの。
キレイな松ぼっくりがいっぱい、もぎ放題だよ~って
はなちゃんのお母さんに教えてもらいました。

家からも見える公園なのに、今まで知らなかったなぁ。
感謝!
スポンサーサイト
ポストに
IMGP5042.jpg

ポストに、木の実と一緒にこんな可愛らしいお手紙が入っていました。

はなちゃんは、2学期に入ってから知り合った、近所の小さなお友だち。
葉っぱのお手紙なんて初めてです。

はなちゃん、ホントに嬉しかったよ。
ありがとう(^^)
ただいま乾燥中
IMGP5022_20171031204259626.jpg
先日収穫した葛のツルを、ただいま乾燥中。

葛は乾燥すると痩せてしまうので、
収穫していきなりリースの土台にすることはしません。

こんな感じで、いったん放置して乾燥させ、
その後湿らせて柔らかく戻してから、初めてリースにします。

この、乾燥→湿らせて戻す、というひと手間で、
しっかりとしたリースベースを作ることができます。

もうそろそろ、乾燥完了。
水で戻して巻き巻きするのも、楽しみの一つです。
ツルの収穫
2017102712560000.jpg

10月は、本当に雨が多かった。
こんなに雨に悩まされた収穫シーズンは過去になかったんじゃないかな。

久しぶりに晴れた先日、ツルの収穫へ。
いつもの公園のツルはキレイに刈られてしまっていたので、
自転車を走らせ、近くの河原へ。

予想通り、葛がどっさり。
フェンスや木などに絡まっているものは扱いにくいので、
こんな感じで地べたを這うように生えているものを収穫します。

幼稚園のお迎えが迫り、時間切れ。
もう少し、欲しいなぁ。
熱処理
IMGP4842.jpg

拾ってきた木の実を、熱処理中。

息子が拾ったペラペラ栗も。
砂場で遊ぶとき、爪楊枝を刺してスプーンとして使います。

冷凍処理の方が手軽だけど、
冷凍庫がパンパンという事情もあり、今年は熱処理中心です。
収穫の秋
IMGP4466.jpg

大変ご無沙汰しております。
sachimaruです。

忙しくしている間に、あっという間に夏が過ぎ、
気が付いたらもう秋。
収穫の季節、到来です。

収穫には天気がとても大事。
雨の後だと、木の実に泥がはねてしまって、使えなくなるので。

なのになのに、なんでこんなに雨ばっかりなんだっ。
収穫のタイミングが今年は難しいです。
ワークショップ
IMG_7492.jpg

久しぶりのワークショップ。
7名の方が来てくださいました。

今までは木の実は種類ごとにカゴに入れ、
好きな素材をそこから選んでいただいていたのですが、
前回あたりから、
このように袋のまま並べるスタイルで行っています。
見た目は今イチだけど、
片付けが圧倒的に楽なもので・・・スミマセン。

IMG_7496.jpg

マンションのパーティールームで行ったので、
作業スペースが広い。
スバラシイッ。

ここのところコツコツと摘んでいた姫小判草が、
想像以上に人気でした。
皆さんの作品を紹介します。

IMG_7501.jpg
青いラフィアがよく合います。

IMG_7503.jpg
上品な色合わせ。

IMG_7505.jpg
すごいボリュームなのに、軽やかな仕上がり。 

IMG_7510.jpg
ポプリがベース。いい香りがすることでしょう。

IMG_7515.jpg
この後で、青いラフィアを付けられました。
これまた素敵!

IMG_7518.jpg
緑と茶色のコラボ。
姫小判草の色が白く抜けた後も、また違う可愛さが味わえることでしょう。

IMG_7519.jpg
あちこち向いてる木の実がナチュラルで温かい雰囲気。

木の実選びから片付けまで、ちょうど2時間。

実は、とある中学校の講習会を依頼され、
担当される委員の方たちが、今回、体験で来られたんです。
皆さん、楽しんでいただけたようで、何よりです。

IMG_7521.jpg

講習会は秋の予定。
どうぞ、よろしくお願いします。
熱処理
大きめのベースを3つ、
水で戻して小さく巻き直しました。
小さい方が使い勝手がいいので。

IMG_7478.jpg

ついでに、念のため熱処理。
うちで一番大きな鍋は、この活力鍋。
普段、カレーや魚の煮付けや煮込み料理なんかで
大活躍してくれている鍋です。
その鍋で・・・煮ております。

IMG_7480.jpg

普段、揚げ物を置くバットに、どんどん。
ベースがドーナツに見えてきました。

IMG_7489.jpg

ただいま、天日干し中。
しかし・・・どっさりできたな~。
草摘み
IMG_7420.jpg

大変ご無沙汰しています。
sachimaruです。

息子が入園し、また何か始めようかなと思っていたタイミングで
リースのお仕事の話をいただきました。
そんなわけで、久しぶりに忙しくしています。

あれもこれもやりたいけど、
今は草摘みシーズン真っ最中。
もたもたしていると可愛い時期を逃がしてしまうので、
待ったなしです。

狙いは、姫小判草。
息子を公園に連れて出がてら、せっせと摘んでいます。
すると遊んでいる子どもたちが珍しがって寄ってきて、
「手伝ったるわ!」となる。
そんなやりとりも楽しい毎日です。

IMG_7436.jpg

この色、この状態で摘めるのは、あと数日。
雨が降ったりしませんように。
金色のクリスマスリース
IMG_5495.jpg

久しぶりに金色リースを作ってみました。
全部金色!っていうより、これくらい控え目の方が好き。

金色の丸いヤツは、紙粘土を丸めてアクリル絵の具で塗ってます。
ワークショップ
IMG_5449.jpg
ワークショップ当日。

この日はマンションのパーティールームを借りました。
作業スペースが広いって、スバラシイ!

「見本が欲しい」という声があり、
それもそうだと、自宅までリースを取りに走りました。
エレベーターで、ちょちょいっと。
この近さもスバラシイ(^^)


IMG_5453.jpg
赤もゴールドも白も全部盛り込んだデザイン。
とってもナチュラルで華やかな仕上がり。


IMG_5455.jpg
右側の赤い花がアクセントになっています。
木の実の顔があちこち向いてるのが素敵!


IMG_5456.jpg
時計のイメージ。斬新!
写真ではちょっと分かりにくいけど、とっても立体的です。


IMG_5461.jpg
綿の実のバランスがとってもいいです。
ところどころに入ったヒイラギもイイ感じ。

クリスマスリースを、というオーダーだったので、
木の実を中心に品揃え。
皆さん、とっても素敵なリースを作って帰られました。

先日作った花が大人気(^^)
頑張って準備した甲斐がありました。
ワークショップに向けて
IMG_5412.jpg

久しぶりにワークショップをすることになり、
週末はその準備で忙しくしていました。

木の実を赤く染めたり、白くペイントしたり、
ポプリで花を作ったり(写真)。

ワークショップ前日には、近所の崖まで(笑)、ヒイラギを摘みに。
ヒイラギは、葉の尖ったところが思いのほか鋭いので、
作業中に痛くないように、先端の針を全部カットしていきます。
見た目には分からないけど、私の中では重要ポイント。

そんな準備作業の何もかもが楽しい。
やっぱり好きだなぁ、こういうの(^^)
ハロウィンリース
IMG_5117.jpg

大変ご無沙汰しております。
sachimaruです。

紙粘土でかぼちゃを作りました。
いや~、楽しかった。

ついでにホウキも。
拾ってきた小枝で作ろうとするんだけど、
思ったようにボリュームが出ない。
四苦八苦していたら、
娘(中1)が「麻ひもを使ってみたら?」とナイスアドバイス。
めっちゃ可愛いのができた!って、親子で大盛り上がり(^^)


IMG_5178.jpg

出来たてのかぼちゃとホウキで、ハロウィンリースを作りました。

ハロウィンに子どもたちがお菓子をもらいにやってくるので、
それに間に合うようにと思って。

リース作り、久しぶりだったけど、やっぱり楽しかったなぁ。
次はクリスマス。
これまた久しぶりに作ってみようかな。
ぽこぽこリース
IMG_2499.jpg

資材置き場(=ベランダの隅っこ・笑)に積まれた木の実の数々。
カゴや箱にラベルを貼ってあるけど・・・
我ながらその種類の多さとボリュームにビックリします。

シダーローズはあそこの小児科の坂を上った先で拾ったやつ。
桐の実は実家の裏山。
プラタナスは京都のおばあちゃんが公園の職員さんにお願いして
高枝切りバサミでとってもらったやつ。
コウヨウザンは・・・アンバーバームは・・・カラマツは・・・

全部、頭と体が覚えてます。
どれもこれも、愛おしい。

整理をかねて、茶色い木の実たちで
ぽこぽこリースを作りました。

木の実の顔があちこち向いてると、
ナチュラルな仕上がりに。
どんぐりのリース
IMG_2493_2016020515093247e.jpg

リース展やワークショップによく足を運んでくれていた友達が
この春に遠方に引っ越すと聞き、
突然の思いつきで誘ってみたところ、
リースを作りに来てくれました。
仲のいい友達も一緒。

木の実をあれこれテーブルに並べ、
ワイワイお茶しながら作り始めたのですが、
間もなく「・・・どんぐりがなくなっちゃった」と。
あれだけあったのに!?と驚いてみると、
どんぐりのカゴがホントに空っぽになっててビックリ。
慌ててベランダにおかわり(笑)しに行きました。

そして出来上がったのがこちら。
アクセントにあしらってあるのは、ツバキの実です。
シンプルで可愛い!

勢いでもう一つ。
土台のベースが可愛いかったので、あえてこのようなデザインにしたそう。
IMG_2473.jpg


一緒に来てくれた友達は、布作家さん。
おしゃれな雑貨に似合いそうなリースが出来上がりました。
IMG_2487_20160205150919cca.jpg


夕方、「日頃の疲れが癒された」っていうお礼メールが。
わかるわかる。
引っ越しの準備で疲れたときは、お茶しがてら、またぜひ来てね。
久しぶりに
あけましておめでとうございます。
sachimaruです。

息子を通じて知り合った友だちと先生が
リースを作りに来てくれました。

IMG_2306.jpg

久しぶりのこの感じ。
みんなの「楽しい!」の声、嬉しかったなぁ(^^)

ママたちがリースを作ってる間、子どもたちはおもちゃ部屋でひと遊び。

IMG_2299_2016012915464988e.jpg

うちの息子が平和に遊んでるレアなショット(苦笑)。

終始、「それ、ゆうきの!」「つかったら、アカン!」などなど、
いろんな場面でややこしくて、目が離せませんでした(TvT)

トーマスのおもちゃと絵本は、どうしても貸せないらしい。
みんなが来る前は「どうぞってするねん」って張り切ってたのになぁ。
みんな(とくにタイガくん)、ゴメンなゴメンな~(TT)

出来上がったリースがこちら。

これは「ミッキー」。紫陽花が耳になってます。スゴい発想力!
IMG_2312.jpg

清楚な人柄がそのままリースになった感じ。
IMG_2319.jpg

最後にぐるりと絡ませたヘクソカズラが素敵。
IMG_2328.jpg

色のバランスがとってもキレイ。
IMG_2329_20160129153701bea.jpg

ワイワイ喋りながらのリース作り、私もとても楽しかったです。
私も一つ作りたかったけど、
息子がややこしかったので、最初の段階で諦めました(^^;)
みんな、またぜひ来てね(^^)
新作
IMG_1344.jpg

久しぶりに木の実のリースを作りました。

いつもは、作り始める前にリースのイメージのようなものが降ってきて
(うまい言葉が見つからないので、感覚そのまんまで書いてみた)
そのイメージを形にする感じなんだけど、
今回はいきなりエイッて作り始めたので、
すごーく行き当たりばったり。

でも、木の実は何を使ってもやっぱり可愛く仕上がるなぁと(自画自賛・笑)。
リース作り、やっぱり楽しいです。
久しぶりに
IMG_1265.jpg

懐かしい友達が高速を飛ばして遊びに来てくれました。

実は彼女は、私が初めてリースをプレゼントした人。
ブログの最初に、高校時代の掛け時計のエピソードを紹介しましたが、
そのリースを「可愛い!」と絶賛してくれたのが、彼女です。
気を良くした私は、同じようなリースをこしらえて、後日プレゼントしたのでした。

そんな話をしていた流れで、「今から、作ってみようか」と。

帰らなきゃならない時間まで、あと2時間。
そこから木の実を出して、長い間使ってないグルーガンなんかもゴソゴソ出して。
ギリギリできるかな~、って始めたんやけど、
1時間足らずでこんなに可愛いリースが完成しました。
すっごいよ、ケイちゃん!
公園の今
大変ご無沙汰しています。

収獲シーズンまっただ中。
あれもこれも摘みたい、拾いたい。
カバンにはいつもビニール袋を入れています。

IMG_0880.jpg

でもでも、私が何かを収獲し始めるとすぐ、
息子(2歳5ヶ月)が「ママ、かえろうよ~」。
なだめすかして・・・5分が限界(^^;)
そんな今日この頃です。

リースを全然作れてない代わりに、
アラカシの森の近況報告。

アラカシの森を伐採し、美術館を建てる話が浮上したのは去年の春でした。
森を守ろうと、地元住民が反対運動開始。
昨年8月29日が着工予定日でしたが、
みんなで知恵を出し合い、1年にわたって全力で阻止してきました。

KC4D0201.jpg

そして今年の8月30日、劇的な転機を迎えました。
市長選で、美術館建設白紙撤回を公約に掲げた候補が当選。
森はまだフェンスで囲まれていますが、
見通しがだいぶ明るくなってきました。

12f50a78-s.jpg

そんなタイミングで、反対運動1周年を記念して、文集を作ることに。
絵でも写真でも文章でもなんでもOKだったので、
迷わずこの絵を寄せました。

IMG_0679.jpg

どうかどうか、アラカシの森が1日も早く
元の姿に戻りますように。
新聞に掲載されました
IMG_0610.jpg

「アラカシのもり」が産経新聞に紹介されました。
8月2日の朝刊。

取材を受けたのが6月だったので、もう諦めていたのですが、
1ヶ月以上経って、ちゃんと記事になりました。
頑張ってくれた記者さんに感謝。

この記事を読んで、関心を持つ人が増えてくれたらいいなぁ。
海の収獲
IMG_0599.jpg

ご無沙汰しています。sachimaruです。
特に予定もなく始まったハズの夏休み。
毎日のようにあっちへこっちへ走り回っています。

先週は和歌山のマリーナシティへ。
ここ数年のお気に入りスポットです。
お目当ては、こじんまりとした砂浜がイイ感じの浜の宮ビーチ。

去年行ったときはちょうど引き潮の時間帯で、
浜にはヤドカリがいっぱい。

IMG_8002.jpg

これは去年たくさん拾った「タコノマクラ」。
ウニの仲間だそうです。
花の模様が本当にキレイ。
1円玉大のものは鳥取の海で見かけたことはあるけど、
こんなに大きいのは初めて!

今年はヤドカリはおらず、タコノマクラもさほど見かけず、
フツーに海(笑)でしたが、
可愛い貝殻が落ちていて、
小6の娘と夢中になって拾いました。

2歳の息子がチョロチョロして
なかなかリースに取り掛かれない日常ですが、
久しぶりにワクワクしています。

しかし、同じ和歌山の海でも、
白浜あたりの海とは落ちてる貝殻が全然違う。
白浜は巻貝や珊瑚が多かった。
まだ少し残ってるから、あれも使おう(^^)
原画展 第3弾
c9349cc9-s.jpg

6月23日(火)より、御殿山生涯学習美術センターで
「アラカシのもり」原画展を開催しています(写真:見守り隊のブログより)。
9時から21時まで(最終日は15時まで)。

私は26日(金)と28日(日)の10時から12時まで会場にいます。
ちょっと分かりにくい場所ですが、
窓の向こうに緑が広がる素敵なところです。
ぜひお立ち寄りください。

詳細はこちらをご覧ください。

79025267-s.jpg
原画展 第2弾
02bcd3b0-s.jpg

このブログはたしかリースのブログとして始まったはずなのに
ここのところずっと絵本の話ばかりでスミマセン。

「アラカシのもり」の原画展、第2弾のお知らせです。
実はすでに始まっているのですが(告知が遅くてスミマセン!)、
カフェサリーという喫茶店で21日(日)までやっています。
(写真:見守り隊のブログより)

b88c9538-s.jpg

人気急上昇のポーランド食器が並ぶ店内。
とても居心地のいいお店です。

ママさんは、ミロコマチコさんのファン。
ミロコマチコさんとは、我が街が誇る絵本作家。
一昨年、初めて描いた絵本「オオカミがとぶひ」が
いきなり日本絵本賞大賞を獲得し、
一気に人気作家になりました。

ママさんは、そのミロコマチコさんがまだ世に出る前から注目していたそうで、
数多くの作品をお店に置かれています。
絵本は全てサイン本。

よろしければ、ぜひお立ち寄りください(^^)
詳しい場所はこちらからご覧ください。
読み聞かせ&作者と語る会
595fb42c8b8b809298b7366123215380c55918b6big.jpg

原画展の話が続きます。

日曜日、読み聞かせ&作者と語る会、開催。
苦手な読み聞かせですが、
精一杯、心を込めて読みました。

13

これは、物語の終盤、
立入禁止のテープが張り巡らされて誰も来なくなった森で、
アラカシ達が皆に戻ってきてもらおうと
一生懸命どんぐりを落とす場面。

家族が寝静まった深夜、このページを描きながら
1人で泣いたんだった。
アラカシ達が前向きであればあるほど、せつなくて。

そんなことを思い出しながら読み聞かせをしていたら、
この続きが涙で読めなくなっちゃった。

皆さんの温かい拍手に励まされました。
ありがとう。
「アラカシのもり」原画展
50ad2fc1-s.jpg

5月23日(土)~25日(月)の3日間、
南部生涯学習市民センターのロビーで、
「アラカシのもり」原画展を開催しました。
(事前に告知できなくてスミマセン・・・)

市民センターのロビーという場所柄、
多くの人が用事ついでに立ち寄って下さいました。

原画の搬入時に分かったのですが、
原画展の隣で、建設予定の美術館の展示をやっていました。

キレイな模型に、豪華なパネル。
これだけを見たら、いいものができるんだなぁって思うかも。

美術館建設のためにアラカシの森が根こそぎ伐採されることや、
毎年7000万~1億もの税金が使われることなど、
なかなか想像できないだろうな。

ある意味、相反する展示が隣り合うことって、
深く考えてもらうことができて、より意義があるかも。
本屋さんデビュー
IMG_9848_20150503233733d97.jpg

「アラカシのもり」がついに本屋さんデビュー。
2ヶ月限定で、駅前の本屋さんに並ぶことになりました。

京阪枚方市駅そば、ビオルネの向かいの「野村呼文堂」。
児童書コーナーに並んでいます。
近くに行かれることがあれば、ぜひ覗いてみてください。
書店での販売価格は税込800円です。

IMG_9857_20150503234725442.jpg

今回、初めてポップというものを書きました。
自分で「話題の絵本」と書くのは、なんとなくハズカシイ・・・。
アラカシくん
IMG_9830.jpg

4月26日、近くの手芸ショップでイベントが催され、
そこに美術館建設反対を訴えるブースを出展。
「アラカシのもり」の絵本に、なんと関連グッズが登場しました。

IMG_9839.jpg

通称「アラカシくん」です。
手芸が得意な方が、ひとつひとつ手編みされました。

IMG_9837.jpg

巾着袋も。
「アラカシくん」を作られた方が、
絵本に出てくるたぬきのぽんちゃんやゆいなちゃんを
フェルト刺繍してくださいました。
すずめのスンちゃんは、絵本には出てこないんだけど、
最近の公園の人気者です。

IMG_9846.jpg

絵本を購入された方にサインを求められた作者(ワタクシ・・・)。
暑い日でしたが、緊張で冷たい汗が・・・。

どうか、美術館建設の話が白紙に戻りますように。
絵本ができました
IMG_9586.jpg

「アラカシのもり」の絵本ができました。
初版(笑)1000冊。
印刷屋さんが丁寧に仕上げてくださいました。

絵本がこうして世に出るのも、公園に集う皆さんの尽力のおかげ。
本当にありがとう。

1人でも多くの方に読んでいただけるように、
そしてこの問題を広く知ってもらえるように、
原価ギリギリ、1冊500円での販売となりました。

公園近くの手芸ショップ「みなよし」さんか、
「カフェサリー」さんでお買い求めいただけます。
事前に連絡をいただければ、現地の公園でも購入可能です。
読み聞かせ
5aecae0a-s.jpg

ご無沙汰しています。
リース作家より、絵本の作者としての活動が多い今日この頃です。

今月は、韓国喫茶と近所の喫茶店で、
「アラカシのもり」の読み聞かせをしました。

絵本を娘や息子に読み聞かせることはあっても、
大勢の前で読むことは今までにない経験。

家で娘たちを相手に練習。
テンポ、抑揚、間、絵本の持ち方など、ヒジョーに奥が深い。
そして、難しい・・・。

この絵本、私の想像を超えてあちこちで読まれているようです。
カラーコピーで手づくりしているので大量生産はできないんだけど、
ありがたい話です。
アラカシのもり
IMG_9288.jpg

絵本の話が続きます。

サンタさんの絵本を描き終わってから、
いろんな経緯があり、もう1冊絵本を描くことにしました。

近所の公園のアラカシたちが主人公。
アラカシとは、帽子が横じまの、丸いドングリです。

秋になるたび娘とドングリを拾いに行ったアラカシの森が、物語の舞台。
この秋は息子と毎日のように通い、
飽きることなく、袋いっぱいのドングリを拾いました。

その森が、今、伐採の危機を迎えています。
森を切り開き、美術館が建てられようとしているのです。

7

地元の方たちが連日何十人も集まり、
なんとか美術館建設を白紙に戻せないか、
みんなで知恵を出し合い、奮闘しています。

署名運動、座り込み、黄色いリボン運動、市への請願、シール投票。

残暑厳しい8月29日の着工予定日から始まった座り込みは、
寒さが堪える真冬の今も、朝から夕方まで続いています。
雨の日も、雪の日も。

森を愛する住民の1人として、私にできることは何だろう。

まずは署名を数百名分集めました。
子どもと森で遊ぶことも、森を残してほしいというメッセージになる。
でも、11月中旬に立ち入り禁止のテープで森一帯が囲まれ、
それもできなくなりました。

12

辿り着いた答えが、絵本。
クリスマスも、お正月も、ひたすら絵本を描いていました。

こちらのブログから本編がご覧になれます。

香里ケ丘中央公園見守り隊

良かったら、これまでの経緯も含め、ぜひ見てみてください。
プロフィール

sachimaru

Author:sachimaru
娘と木の実を拾ったり、
草を摘んだり。
そんなひとときが大好きな私。
そうして少しずつ集めた
身近な自然素材で
リース作りをしています。

photo by やまもとあつし

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード